• 英名:Node Poisoning
  • 別名:ノード拡散による拡散抑制補助法、ノードポイゾニング、擬似拡散、バーチャル拡散、他

 

ファイル共有ネットワーク上におけるデータ拡散抑制の補助方法の一つです。同一ハッシュ、データ名称、データサイズ、拡張子等で作成されたデータを物理的または擬似的な接続から大量放出することによる拡散抑制です。VM Wareなどにより仮想、擬似的に行うことで多くのパケットを放出することから、倫理的に利用の制限をする必要があります。