• 英名:Hash Poisoning, Hash Distribution Control
  • 別名:ハッシュによる拡散抑制法

ファイル共有ネットワーク上におけるデータ拡散抑制方法の一つです。共有システムは、ユーザーが目的のタイトルの場所を見つけるために検索インデックスをしています。電磁的記録情報拡散抑制研究所ではこのインデックスデータを大きく2つに分けて拡散抑制をしています。

メタデータによる拡散抑制は、データそのものに格納されている、データ名、作成日時、データサイズ、拡張子、作成者等を参照し、利用することで情報拡散の制御をしています。偽装キーまたは拡散防止キーの散布または拡散と呼ぶ場合があります。

ハッシュによる拡散抑制とは、データに付与されている固有の英数字を生成し拡散抑制を実現します。メタデータによる拡散抑制法は物理的に拡散させることによる拡散抑制法であり、ハッシュによる拡散抑制法は拡散させない手法といえます。